キノリンイエローの発がん性

AGA治療薬の中等に入っていると言われるキノリンイエローですが、このキノリンイエローには発がん性があるという噂が広まっています。
しかし、キノリンイエローに本当に発がん性があるのかという事柄については、根拠が無い事柄なので、キノリンイエローが入っているからといって、発がん性に対しての警戒を必要以上に行う必要は無いのです。
尚、この物質に関して言えば、着色料だということはわかっていますが、確実に発がん性があるとは言われていないのです。
また、医薬品に入っている事がキノリンイエローには無いのかというとそのような事は無いですし、キノリンイエローが入っている医薬品や化粧品は日本で認められた上での服用や使用がされていますが、本当に発がん性があるのであれば、日本でもキノリンイエローを服用する事は禁止されるはずですし、体に良くない物を医薬品の中に入れているのにも関わらず薬等へ入れても良いという事にはならない為、キノリンイエローに発がん性があるという事柄は根拠が無い内容だと言えます。
ちなみに、この物質に発がん性が無いという事であれば、安心して購入する事ができる医薬品はかなり多いですし、発がん性があるかもしれないという不安を持ったまま服用する必要も無くなります。