エフペシアで男性型脱毛症の進行遅延効果はどのくらい?

男性型脱毛症(AGA)の治療が可能な内服薬において、使用者からの評判が良く人気となっているものの一つに「エフペシア」と呼ばれる製品があります。
このエフペシアにはAGAが原因で起こる脱毛の進行を遅らせる効果がありますが、これは錠剤に含まれているフィナステリドと呼ばれる物質によってもたらされるものです。

エフペシアの有効成分であるフィナステリドは、体内で5α還元酵素の働きを阻害する効果があります。
5α還元酵素は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンを、別の作用が強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変換させる働きがあります。
ジヒドロテストステロンは身体の男性化を強力に促す作用をもつ一方で、皮脂腺にある受容体と結合することで多量の皮脂の分泌を促します。
皮脂の分泌が過剰になると起こる頭皮の環境の悪化は、毛髪の成長を妨げる要因となります。
また、ジヒドロテストステロンは毛乳頭にある受容体とも結合し、それまで正常だったヘアサイクルに乱れを生じさせる効果をもたらします。
ヘアサイクルが乱れると、毛髪が成長しきらないうちに毛根から毛髪が脱落するようになります。
これがジヒドロテストステロンがAGAの原因物質であるとされる理由です。

したがって、AGAの進行を抑えるには皮脂の分泌量とヘアサイクルを正常に戻していく治療が必須であり、そのためにはテストステロンと5α還元酵素を結合させないようにして、ジヒドロテストステロンの濃度を下げていく必要があります。
これを実現させるためにつくられた物質がフィナステリドです。

エフペシアをはじめとするフィナステリド含有薬はAGAの進行を抑える効果はありますが、発毛を促す働きまでは持っていません。
そのため、薄毛になった部分を早く発毛させたいのであれば、エフペシア以外のAGA治療薬も併用しなければなりません。